小豆島産オリーブオイルの製造・販売「株式会社オーズファーム」

※売り切れ次第販売終了となります。

お電話でのご注文は… 0120-024-139 受付時間/午前9時〜午後5時(月〜金)
小規模農園で一本一本手塩に掛けて育てています

小豆島の自社農園では、栽培面積10ha、オリーブの栽培本数は約400本。
面積、本数ともに、まだまだ小さな農園ですが、「伝統を取り入れながら革新し続けていく」という理念に基づき、
先覚者達の教えを守りながら一本一本に目を行き届かせ、大事に育てております。
手掛けているのは、小豆島オリーブの代表品種である「ミッション」「ルッカ」「マンザニロ」「ネバディロブランコ」の4品種。
さらに、従来小豆島では育てていなかった品種である「レッチーノ」「ピクアル」「コロネイキ」「ジャンボカラマタ」など、
様々な品種の栽培にもチャレンジしています。

一粒ずつ手摘みで丁寧に収穫します

伝統的な手摘みで行っています。 海外のような大規模農園ではないからこそ
実現できる丁寧な手摘みは、小豆島オリーブの特徴のひとつ。
小キズがつくとそこから酸化が進んでしまうため、一粒ずつ、実を包むようにしてもぐ手摘みは、
最も贅沢な摘み方と言えるでしょう。 熟するにつれてグリーンから黒っぽく色づいていく果実は、
熟度によってオイルにしたときの味わいが変化します。 収穫するタイミングの見極めも重要です。

鮮度が落ちないうちに採油します

オリーブの実は収穫後すぐに酸化がはじまります。
小豆島においては48時間以内に行うことになっていますが、
オーズファームでは品質にこだわり、さらに短い24時間以内を基準にしています。

私たちが自信を持ってお届けするオリーブオイルです。 フレッシュな香りと味わいをご堪能ください。

最高級エキストラバージン・オリーブオイル

自社農園にて一本一本手塩にかけて大切に栽培した多様な品種のエキストラバージンオイルを独自にブレンドしました。澄み切った黄金色で、昨年のオリーブオイルとはまた違った出来上がりとなっています。今年は口当たりはまろやかですが、昨年よりも苦み・辛みが強めです。ピリピリとした辛さがスパイスとしてお肉料理のアクセントになります。焼き魚などに直接かけたり、卓上調味料のひとつとしても幅広くご利用いただけます。辛口がお好みのお客様におススメのオイルです。

小豆島オリーブは10月~11月の2ヶ月ほどしか収穫できない為、数量限定です。

※売り切れ次第販売終了となります。

高級エクストラバージン・オリーブオイル

小豆島で伝統的に栽培されている品種、ミッションやルッカを中心に、島の恵みをたっぷり受けて育ったオリーブから採油しました。鮮やかな緑色で、クセがなくさっぱりとした味わいです。苦みは少なく、後から若干ピリピリとした辛さを感じられます。口当たりはまろやかで、まとまった味わいです。サラダやパン、冷奴に直接かけたり、お味噌汁に入れても相性が良いです。

小豆島オリーブは10月~11月の2ヶ月ほどしか収穫できない為、数量限定です。

※売り切れ次第販売終了となります。

お電話でのご注文は… 0120-024-139 受付時間/午前9時〜午後5時(月〜金)

オーズファームは歴史と伝統に支えられた小豆島にある自社農園にて、
「変わらないこと・変わり続けること」を念頭に、先覚者達の教えを守りながらオリーブを栽培しております。
また、自社のオリーブ栽培のノウハウを生かし、イタリア、スペイン、ギリシャなどの
伝統的なオリーブ生産農家を訪ね、栽培の由来から今に至るまでの歩み、
栽培における工夫や技術、さらに伝統的な採油方法や、最新の採油方法などを
じかにお聞きし、品質や味わいを丹念に確認したうえで、
「信頼できる伝統・伝統に培われた技術・誇れる個性・味わいへの信念」という
セレクト基準を充分に満たすオイルを選択し、お届けしております。

 

オーズファーム 店主

O’s Farm