小豆島産オリーブオイルの製造・販売「株式会社オーズファーム」

瀬戸内の美しい島から OLIVE OIL SELECTION
 
 
 
 
 
空の青と海の碧に抱かれた瀬戸内の島、小豆島。
この島にオリーブの原木が植えられたのは明治時代のことでした。
それから百余年。「小豆島オリーブ」の名を誉れ高くしたものは、
豊かな陽光と温暖な気候、水はけのよい山がちな地形。
そして何より、手間をいとわぬ情熱と、丹精込めた人の手です。
本物の味を知る島の伝統と歴史ある風土に支えられ、
小豆島のオリーブづくりは、今なお探求が続いています。

私たちオーズファームは、小豆島の会社です。
自社農園にて苗木から育てたオリーブ樹木から実を収穫、採油を行い、
エキストラバージンオイルを中心とした、さまざまな味を提案しています。
また、オリーブの本場である地中海、なかでもオリーブ栽培の歴史が深い
イタリア・スペイン・ギリシャのオリーブ農園と提携し、
選りすぐりのオリーブオイルを輸入、衛生管理の行き届いた
日本国内の工場にて充填したものをご提供しています。
土地土地で個性の違う、オリーブの風味をお楽しみください。
  • news
  • event
小豆島 自社農園産オリーブ 100%
エキストラバージンオリーブオイル83g 販売価格 2,700円(税込)
目指したのは「オリーブのリトルワールド栽培」

従来、小豆島で栽培されてきた品種に加え、多様な品種に挑戦しています。イタリア原産のコレッジョラ、レッチーノ、コラティーナ、フラントイオ、スペイン原産のピクアル、アルベキーナ、ギリシャ原産のコロネイキなどで、どの品種にも際立つ個性があります。各品種のオイルをブレンドすることで醸し出される、深く奥行のある風味は絶品です。ぜひお試しください。

手摘みで丁寧に収穫 手摘みで丁寧に収穫

オリーブの実は収穫後すぐに酸化がはじまります。
そのため、収穫後24時間以内に搾油するのが理想です。

収穫後24時間以内に採油 収穫後24時間以内に採油

摘み取り後、72時間以内に採油を行うのが世界基準。
小豆島においては48時間以内に行うことになっていますが、
当社は品質にこだわり、さらに短い24時間以内を基準にしています。

ご購入はこちらから