小豆島産オリーブオイルの製造・販売「株式会社オーズファーム」

【 栽 培 】

小規模農園で一本一本手塩に掛ける

栽培面積10ha、オリーブの栽培本数は約400本。面積、本数ともに、まだまだ小さな農園ですが、
「伝統を取り入れながら革新し続けていく」という理念に基づき、
先覚者達の教えを守りながら一本一本に目を行き届かせ、大事に育てております。
手掛けているのは、小豆島オリーブの代表品種である「ミッション」「ルッカ」「マンザニロ」「ネバディロブランコ」の4品種。
さらに、従来小豆島では育てていなかった品種である「レッチーノ」「ピクアル」「ジャンボカラマタ」など、
様々な品種の栽培にもチャレンジしています。

【 収 穫 】

一粒ずつ、丁寧に手摘みする

伝統的な手摘みで行っています。海外のような大規模農園ではないからこそ
実現できる丁寧な手摘みは、小豆島オリーブの特徴のひとつ。
小キズがつくとそこから酸化が進んでしまうため、一粒ずつ、てのひらで
実を包むようにしてもぐ手摘みは、最も贅沢な摘み方と言えるでしょう。
熟すにつれてグリーンから黒っぽく色づいていく果実は、熟度によって
オイルにしたときの味わいが変化します。収穫するタイミングの見極めも重要です。

【 採 油 】

鮮度が落ちないうちに採油する

ほとんどの油は植物の種子由来ですが、オリーブオイルは果肉から採れる数少ない油です。
果肉は傷みやすいため、輸送や保存に向いていません。良質のオイルを得るためには
収穫した場所で、収穫から時間をおかずに採油することが肝要なのです。
しかも採油のタイミングは早ければ早いほどよいと言われており
世界基準では72時間以内、小豆島では48時間以内とされているところを
オーズファームでは24時間以内に行っています。

手摘みで丁寧に収穫

オリーブの実は収穫後すぐに酸化がはじまります。
そのため、収穫後24時間以内に採油するのが理想です。

収穫後24時間以内に採油

摘み取り後、72時間以内に採油を行うのが世界基準。
小豆島においては48時間以内に行うことになっていますが、
当社は品質にこだわり、さらに短い24時間以内を基準にしています。

最高級エキストラバージン ・オリーブオイル
自社農園産 エキストラバージン オリーブオイル 100g

自社農園にて一本一本手塩にかけて大切に栽培した多様な品種のエキストラバージンオイルを独自にブレンドしました。今年はオリーブ果実の青々しい爽やかな香りとりんごのようなフルーティーな香りが特徴。苦味・辛味のバランスがよく、あとからくる程よい辛味がクセになります。サラダやカプレーゼなどに直接かけたり、卓上調味料のひとつとしても幅広くご利用いただけます。

小豆島オリーブは10月~11月の2ヶ月ほどしか収穫できない為、数量限定です。

辛み
4.0 rating
苦み
3.0 rating
甘み
3.0 rating
フルーティー
4.0 rating

小豆島 自社農園産
エキストラバージン
オリーブオイル(100g)

価格:3,240円(税込)
高級エキストラバージン・オリーブオイル
小豆島産 エキストラバージン オリーブオイル 100g

小豆島で伝統的に栽培されている品種、ミッションやルッカを中心に、島の恵みをたっぷり受けて育ったオリーブから採油、多様な品種を独自でブレンドしました。苦みが少なくまろやかでトロピカルフルーツのような甘くて優しい香りの中に、新鮮で青々しいピリピリとした辛さが際立ちます。辛味と甘みのバランスがよいオリーブオイルは、パンやパスタの仕上げ、また冷奴に直接かけたり、お味噌汁に入れても相性が良いです。

小豆島オリーブは10月~11月の2ヶ月ほどしか収穫できない為、数量限定です。

辛み
3.0 rating
苦み
2.0 rating
甘み
3.0 rating
フルーティー
3.0 rating

小豆島産
エキストラバージン
オリーブオイル(100g)

価格:2,916円(税込)

小豆島 自社農園産
新漬オリーブ 100g

価格:1,296円(税込)

小豆島の自社農園で愛情をこめて育てたオリーブの果実を今秋、一粒一粒丹念に手摘みにて収穫し、出来の良いものだけを淡い塩水に付け込んだ浅漬けです。 漬け込む塩も、瀬戸内の海水をそのまま煮詰める製法で作った「瀬讃の鹽」を使用しております。季節限定の旬の味をお楽しみ頂けます。

小豆島産
新漬オリーブ 100g

価格:1,080円(税込)

小豆島の農園で愛情をこめて育てたオリーブの果実を今秋、一粒一粒丹念に手摘みにて収穫し、出来の良いものだけを淡い塩水に付け込んだ浅漬けです。 漬け込む塩も、瀬戸内の海水をそのまま煮詰める製法で作った「瀬讃の鹽」を使用しております。季節限定の旬の味をお楽しみ頂けます。