小豆島産オリーブオイルの製造・販売「株式会社オーズファーム」

世界最大のオリーブ生産地であるスペイン南部アンダルシア地方ハエン県に位置し、オリーブ農家としては4代目となるマチアス・ロペス氏、ロサ・ロペス氏、カルメン・ロペス氏がオリーブ採油工場を立ち上げ創業した『Aires de Jaén(アイレ・デ・ハエン)社』。200haの自社農園にてピクアル、アルベキーナ、フラントイオを栽培しています。

収穫から3時間以内に採油した
フレッシュなアルベキーナ種。

アルベキーナ種のオイルは、フルーツのような柔らかな香りとアーモンドのような味わいを持つ、甘みのあるアロマが特長。サラダやカプレーゼ、冷製スープなどの仕上げにサッと回し掛けるだけで、料理を格上げしてくれます。加熱調理に使えば、料理が軽やかに仕上がります。スペイン南部のアンダルシア地方ハエン県に採油工場を立ち上げたAires de Jaén社が持つ、広大な自社農園で育てたアルベキーナ種を、タイムロスなく採油したエキストラバージンオイルです。

辛み
3.0 rating
苦み
3.0 rating
甘み
4.0 rating
フルーティー
5.0 rating

スペイン産
エキストラバージン
オリーブオイル
アルベキーナ種100%(182g)

価格:1,512円(税込)

スペイン南部アンダルシア地方ハエン県に位置し、1828年創業の『Yo, Verde(ヨーベルデ)社』。4代目となる社長のアラセリ・ブランコ氏(左)。栽培面積は200haを誇り、海抜580mの高地でスペインを代表する品種ピクアルを約35,000本を栽培。採油は、1800の組合員で構成される協同組合の最新設備を備えた世界最大規模の施設の専用ラインで行っています。

オリーブオイル大国スペインの
代表的な品種、ピクアル種。

ポリフェノールやオレイン酸といった健康成分を多く含むピクアル種のオイルは、品質の安定性に優れ、加熱をしても酸化しにくいのが特徴のひとつ。オーズファームのピクアル種100%エキストラバージンオイルになるオリーブの木々は、アンダルシア地方ハエン県に4代続くYo, Verde社の広大な農園で栽培されています。この土地のピクアル種は、新鮮なハーブのようなアロマと、スパイシーな辛みのバランスがとりわけ秀逸だと評されています。高温の調理法にも向いているので、揚げ物やオイル煮などにご使用いただくと、素材のおいしさを引き立てます。

辛み
4.0 rating
苦み
3.0 rating
甘み
3.0 rating
フルーティー
4.0 rating

スペイン産
エキストラバージン
オリーブオイル
ピクアル種100%(182g)

価格:1,512円(税込)